トップ

花粉で起こる敏感肌

花粉症と敏感肌の関係

花粉症と敏感肌の関係とは

春の花粉症の症状が出る時期に、肌荒れが起きると感じている女性は少なくありません。その肌荒れはもしかすると「花粉症皮膚炎」かもしれません。肌が荒れて敏感肌になっていることと花粉には深い関係があるのです。

花粉症皮膚炎の症状としては、皮膚が赤くなる、痒くなる、湿疹ができる、白く粉をふく、化粧のノリが悪くなるなどの症状が現れます。特に目や鼻の周りが赤くなったり、乾燥して粉っぽくなったりする方が多いようです。敏感肌で悩んでいる方に役立つ情報があります。

花粉の飛散する時期にこのように肌が敏感になるのは、春先は肌の表面の水分と油分のバランスが崩れやすく、バリア機能が弱くなりやすいことにあります。バリア機能が弱った肌にアレルゲン物質である花粉が付着すると、肌はこの外からの侵入者に対して必死に抵抗しようとします。

こうして外敵と闘う際に発生する熱や炎症が肌荒れとなるのです。つまり、肌荒れしているということは肌の防御機能が正常に働いていることの証とも言えます。しかし、美容面では肌荒れは迷惑なものです。外敵が侵入してきても肌が荒れないためには肌のバリア機能を強く保つことが大切です。

肌のバリア機能を強く保つには、バランスの良い食事や十分な睡眠を心がけるようにしましょう。そして、肌の乾燥はバリア機能を弱まらせてしまいますから、普段から十分に保湿を行うようにしましょう。

すでにバリア機能が弱くなっている肌には、無理に保湿を行うのではなく、普段使っている基礎化粧品を低刺激の赤ちゃんでも使えるようなやさしいものに変えるようにしましょう。そして、肌荒れがひどいようであれば、皮膚科を受診して医師から適切なアドバイスや治療薬を処方してもらうようにすることが大切です。

Copyright © 花粉症と敏感肌の関係. All rights reserved.